再婚を考えるときの悩み

再婚を考えるにあたって、一番問題となる事と言えば、やはり子供の事でしょう。

独身同士でしたら再婚も気軽に出来ると思いますが、どちらかに子供がいたら話は別です。
いくら本人同士が再婚に向けて前向きであったとしても、もし子供が反対していたとするならば、再婚を考え直す親も多いようですね。

確かに、自分の子供であっても本気で怒鳴りたくなる事や、家から出て行って欲しいと思う事もあります。
それが他人の子供となると、どうしても気持ちが抑えきれなくなる事だってあるでしょう。

また、小さい子供だと新しい親に慣れるのも早いかもしれませんが、思春期に差し掛かった年齢ですと、子供も親もどう接して良いのか判らなくなります。

そう考えると、再婚相手に「子供がいない事」を条件に求める方が多いと言うのも頷けますね。
自分に子供がいると、子育てのプレッシャーを分け合ってくれる人が欲しくて、つい「子持ちでもOK」と言った条件の異性とすぐに再婚してしまうケースがあります。

でも、そうやって安易に再婚相手を選んでしまうと、再び同じ過ちを犯してしまう事にも繋がります。
子持ちだと、確かに再婚はしにくいでしょう。

けれど、子供がいるからこそ得られる喜びはとても大きく、そして、その喜びを得られる機会も多いはずです。

寂しさから再婚を焦り、ガツガツするのではなく、子供と一緒にのんびりと生きて行く道を選ぶ勇気も時には必要なのではないでしょうか。