昔はお見合い。現在はパーティ。

日本では古くから、親や親戚、会社の上司などによる仲介でお見合いが行われる文化があります。

昔は本人同士の意思は関係なく、相手の家と自分の家の利害関係を計算して、お見合いや結婚が強要されていました。
今でも昔のお見合いのイメージから、お見合いすると好きじゃない人と結婚しなければならないという心理が働き、お見合いを嫌がる人もいるようですね。

ただ、親や親戚の仲介によるお見合いを行ったとしても、現在では、昔のように結婚が強要されることはなく、相手の写真や自己紹介などを見て、自分でお見合い相手を選択することができます。
最初から相手の男性の身元が分かっている点では、安心してお見合いを行うことができますし、必ず結婚しなければいけないという事もないので、じっくりと見極めたうえで結婚を決めることができるでしょう。

でも、いまだに結婚をしてないことを心配する親や親戚からのお見合いの勧めはプレッシャーになり、気が乗らないという人がいるのも事実ですし、嫌々お見合いをしたのに結婚して幸せに暮らしている人もいます。

また、お見合いをして断ることになったときには、仲介人である親や親戚の顔が立たないのではないかと心配にもなります。

最近は、昔のように家同士の関係の為の結婚という考えは薄れているものの、どうしてもやりづらいところもあるかと思います。
このことから、近頃では軽い気持ちで参加できるお見合いパーティや結婚相談サービスなどを利用する人も増えているようです。